PR

2泊3日の沖縄旅行を徹底ガイド!予算内で楽しむためのコツと費用の内訳

旅行
記事内にプロモーションが含まれています。
まーちゃん
まーちゃん

沖縄旅行を考えているけど予算はどれくらい考えていればいいかな?

沖縄旅行を2泊3日で楽しみたい方へ、予算の目安を解説します!

この記事では、フライト料金、宿泊料金、食事費用、レンタカーと交通費、観光地やアクティビティの費用について詳しくご紹介します。

結論から言うと、目安にはなりますが、だいたい80.000円前後で2泊3日の沖縄旅行を楽しめます!

もちろん予定の組み具合によってもっと費用を抑えることは可能だと思います!

これを読めば、沖縄旅行の計画がスムーズに進むこと間違いなしです。

沖縄の美しい海や歴史的な観光地を満喫するための予算をしっかり把握して、素敵な旅行を楽しんでくださいね。

さあ、一緒に沖縄旅行の計画を立てましょう!

沖縄旅行2泊3日の予算を解説!

沖縄旅行2泊3日の予算について、詳しく解説しますね。

フライト料金の目安

沖縄旅行のフライト料金は、時期や出発地によって異なりますが、一般的には以下の通りです。

時期往復料金(目安)
オフシーズン20,000円~30,000円
ハイシーズン40,000円~60,000円

オフシーズンは安く抑えられるので、少しでも費用を抑えたいなら、この時期が狙い目ですよ。

オフシーズンの料金

オフシーズンのフライト料金は、比較的安く抑えられます。

通常、20,000円から30,000円程度で往復できることが多いです。

例えば、平日の早朝便や遅い時間の便を利用すると、更にお得になることがありますよ。

ハイシーズンの料金

ハイシーズンには、フライト料金が高くなります。

特に夏休みやゴールデンウィーク、年末年始などは、40,000円から60,000円程度になることもあります。

この時期は人気が高く、チケットが早く売り切れることもあるので、早めの予約がおすすめです。

まーちゃん
まーちゃん

各航空会社の早割などを利用してお得に沖縄旅行を楽しみましょう!

僕はANAのマイルを貯めて特典航空券や、おともでマイルなどで航空券代を浮かしたりしています!

フライト選びのコツ
  • オフシーズン(10月~12月、2月~4月)を狙う
  • 平日の早朝便や深夜便を利用する
  • LCC利用、往復20,000円台を目指す
  • マイルの活用と早割利用通常期でも40,000円以内で抑える

宿泊料金の相場

2泊3日での宿泊費用について、以下のような目安があります。

宿泊施設の種類料金(1泊あたり)
ビジネスホテル5,000円~10,000円
リゾートホテル15,000円~30,000円
民宿やゲストハウス3,000円~5,000円

リゾートホテルは贅沢な気分を味わえる一方、ビジネスホテルや民宿ならコストを抑えつつ快適に過ごせますね。

ビジネスホテル

ビジネスホテルは、シンプルで清潔な部屋が特徴です。

1泊あたり5,000円から10,000円程度で宿泊できます。

便利な立地にあることが多く、観光の拠点として利用するのに最適です。

リゾートホテル

リゾートホテルは、豪華な施設や美しい景観を楽しむことができます。

1泊あたり15,000円から30,000円程度と高めですが、その分特別な体験ができます。

特に家族連れやカップルには、リゾートホテルでの滞在がおすすめです。

民宿やゲストハウス

民宿やゲストハウスは、リーズナブルな価格で宿泊できるのが魅力です。

1泊あたり3,000円から5,000円程度で、地元の雰囲気を味わいながら過ごせます。

アットホームな雰囲気で、他の旅行者との交流も楽しめますよ。

宿泊施設の選び方
  • 那覇市内のビジネスホテル:1泊6,000円程度で便利な立地
  • 北谷町のコンドミニアム:1泊10,000円程度でキッチン付き、食費節約可能
  • 恩納村のリゾートホテル:1泊20,000円程度だが、ビーチアクセス良好

食事と飲み物の費用

沖縄での食事や飲み物の費用も考えておきましょう。

1日の食事費用の目安は以下の通りです。

食事料金(目安)
朝食500円~1,000円
昼食1,000円~1,500円
夕食1,500円~3,000円

地元の食材を使った料理や、沖縄ならではの美味しいグルメを楽しんでくださいね。

朝食の料金

朝食は、500円から1,000円程度で楽しめます。

ホテルの朝食バイキングや、地元のカフェで美味しい朝ごはんをいただけますよ。

昼食の料金

昼食は、1,000円から1,500円程度が目安です。

沖縄そばやタコライス、ゴーヤーチャンプルーなど、地元の名物料理を楽しんでください。

夕食の料金

夕食は、1,500円から3,000円程度です。

新鮮な海産物や、アグー豚などの沖縄料理を堪能しましょう。

美味しい料理と一緒に、泡盛を楽しむのもいいですね。

お金を節約する方法
  • 朝食:コンビニおにぎり&ホテルの無料サービスの活用(500円以下)
  • 昼食:ローカル食堂で沖縄そば定食(800円程度)
  • 夕食:居酒屋で地元料理を堪能(2,000円程度)

沖縄はハンバーガーやステーキ、パンケーキなども有名で人気のお店が多いです!

レンタカーと交通費

沖縄観光にはレンタカーが便利です。レンタカーの料金や交通費の目安は以下の通りです。

項目料金(目安)
レンタカー(1日)3,000円~5,000円
ガソリン代2,000円~3,000円
高速道路料金1,000円~2,000円

レンタカーを利用することで、自由に移動できるのが魅力ですね。

レンタカーの料金

レンタカーは、1日あたり3,000円から5,000円程度で借りられます。

事前に予約しておくと、スムーズに受け取ることができますよ。

ガソリン代

ガソリン代は、2,000円から3,000円程度です。

沖縄は観光スポットが点在しているため、車での移動が多くなることを考慮しましょう。

高速道路料金

高速道路料金は、1,000円から2,000円程度です。

主要な観光スポットへのアクセスがスムーズになります。

移動手段
  • レンタカー:那覇空港で受取、返却(1日4,000円程度)
  • 公共交通機関:那覇市内はバス1日乗車券(1,000円)を活用
  • タクシー:短距離移動や夜間利用に限定(1回1,500円程度)

観光地やアクティビティの費用

沖縄にはたくさんの観光地やアクティビティがあります。代表的なものの費用は以下の通りです。

観光地/アクティビティ料金(目安)
美ら海水族館大人:1,880円 / 子供:620円
首里城大人:820円 / 子供:310円
シュノーケリング3,000円~5,000円

美ら海水族館や首里城など、沖縄の魅力を存分に楽しんでくださいね。

美ら海水族館

美ら海水族館は、沖縄観光の定番スポットです。

入館料は大人1,880円、子供620円です。

ジンベエザメやマンタを見ることができ、迫力満点の展示が楽しめます。

まーちゃん
まーちゃん

道の駅やコンビニでもチケットを販売していて、美ら海水族館で購入するよりも割引で買えることが多いので、事前に購入しておくことをおすすめします!

首里城

首里城は、沖縄の歴史を感じることができる重要な観光地です。

入場料は大人400円中人 (高校生)300円小人 (小・中学生)160円です。※一般(20名未満)

6歳未満は無料です!

琉球王国時代の文化や建築を学ぶことができます。

シュノーケリング

沖縄の美しい海を楽しむなら、シュノーケリングがおすすめです。

料金は3,000円から5,000円程度で、色とりどりの魚たちと一緒に泳ぐことができます。

トータル予算の例

それでは、2泊3日の沖縄旅行のトータル予算を計算してみましょう。

項目料金(目安)
フライト料金40,000円
宿泊料金20,000円
食事と飲み物7,500円
レンタカーと交通費10,000円
観光地やアクティビティ5,000円
合計82,500円

このように、トータルで約82,500円程度で2泊3日の沖縄旅行を楽しむことができます。

もちろん、予算は選ぶ宿泊施設や時期によって変動しますので、計画を立てる際には参考にしてくださいね。

沖縄の美しい景色や美味しい食べ物、素晴らしいアクティビティを満喫してください!

節約のコツと楽しみ方のバランス
  • 宿泊と移動手段でしっかり節約し、食事や観光を充実させる
  • 無料のビーチや展望台を訪れ、自然を満喫する
  • 地元のイベントや祭りをチェックし、文化体験を楽しむ
  • SNS割引やクーポンを積極的に利用する

まとめ【2泊3日の沖縄旅行を徹底ガイド!予算内で楽しむためのコツと費用の内訳】

沖縄旅行を2泊3日で楽しむための予算について解説しました。

フライト料金は時期によって変動しますが、オフシーズンを狙うとお得です。

宿泊費用は、ビジネスホテルや民宿を選ぶと予算を抑えられますが、リゾートホテルでの贅沢な滞在も魅力的です。

食事費用は、地元の美味しいグルメを楽しみながら、朝食から夕食までの予算を考慮しましょう。

レンタカーを利用すると、自由に観光地を巡ることができ、交通費の目安も抑えておくと安心です。

観光地やアクティビティの費用も計画に入れて、沖縄の美しい海や歴史的なスポットを存分に楽しんでください。

トータルで約82,500円程度の予算で、素晴らしい沖縄旅行が実現できますよ。

素敵な旅行の思い出をたくさん作ってくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました